はじめから作成

シナリオに沿わず、1からフォームを作成する方法です。
利用する機能は、アプリを登録後に各機能の設定画面からそれぞれ設定を行います。


設定方法

1.フォームから回答された内容を登録するkintoneアプリを作成します。

ポイント

フォームブリッジに対応していないフィールドの種類があります。
フィールドの対応状況をご確認ください。


2.フォームブリッジにログインします。
『フォームの作成』に進みます。


3.「はじめから作成」をクリックします。


4.kintoneアプリのURLを登録します。
kintoneアプリのURLは、アプリを開いた画面に表示されている
https://(サブドメイン).cybozu.com/k/xxx/の形式のURLです。
その後、”APIトークンはこちらのURLから発行できます。”をクリックします。


5.APIトークンの生成画面で、[生成する]をクリックします。


6.APIトークンは「レコード追加」のアクセス権が必要です。
APIトークンをコピーして、[保存]→[アプリを更新]まで行います。


7.フォームブリッジの画面に戻り、コピーしたAPIトークンを貼り付けます。
cybozu.comにBasic認証を設定している場合は、「Basic認証を利用している」にチェックを入れ、認証情報を入力してください。

補足
フォームブリッジはクライアント証明書を用いた認証に対応しておりません。cybozu.comにおいて、IPアドレスの制限をしている場合、フォームブリッジのIP「52.193.190.109」を別途許可するか、Basic認証を設定する必要があります。

8.フォームの編集を行います。

『フィールドの設定』へ進み、フォーム上に表示したくないフィールドは削除します。
最後に画面最下部の[保存]ボタンをクリックします。

ポイント

フィールドのレイアウト方法については、フィールドのレイアウト調整のガイドをご確認ください。


9.[プレビュー]から作成したフォームを確認します。
変更があれば再度レイアウトの調整を行います。


10.エラー通知メールがあらかじめ設定されています。
変更の必要があれば設定を行います。
エラー通知メールを設定する


11.その他、設定したい機能があれば設定を行います。

設定が終わったら、[編集完了して更新]ボタンをクリックし、[反映する]をクリックして編集したフォーム情報を適用します。


12.[公開する]ボタンを押し、フォームを公開します。

以上で設定は完了です。


関連記事