1レコードリストアをする

レコード番号を指定し、1レコードのみリストアする方法です。

ポイント

1レコードリストアのみ、バックアップしているアプリ自体を指定してリストアすることが可能です。また、同じ構造の別アプリにリストアすることも可能です。

補足
オンラインバックアップのデータからリストアする場合、バックアップの種類で「オンライン削除」のデータからのリストアでは、削除したレコードのリストアはできません。
削除レコードをリストアする場合は、リストアしたいレコードを削除する前のバックアップからリストアをしてください。

1.kBackupにログインし、該当のアプリの『1レコードリストア』をクリックします。


2.リストアするレコード番号を入力し、どのバックアップからリストアを行うか選択します。

補足
削除したレコードをリストアしたい場合、レコード番号は以下のいずれかの方法で確認できます。

  • kintoneアプリから確認する
    kintoneアプリで削除した、存在していないレコード番号を確認します。
  • オンラインバックアップから確認する(オンラインバックアップを利用している場合)
    30日以内にレコードの追加、編集、削除を実行したレコードのレコード番号が確認できます。
    オンラインバックアップの確認方法
  • cybozu.com共通管理内の「監査ログ」から確認する
    確認の手順は以下です。
    1.「cybozu.com共通管理」にアクセスする
    2. 監査ログの「閲覧とダウンロード」をクリックする
    3. 絞り込み条件の「アクション」に「Record delete」と入力して「閲覧」をクリックする
    4.iマークをクリックして、補足欄のrecord id:[●]を確認する。
    監査ログを閲覧する(kintoneヘルプ)

3.リストア先のkintoneアプリURLを入力します。
バックアップを取得している既存のアプリ、同じ構造の別アプリのどちらでもリストア可能です。
その後、[データチェックを行う]を押します。

補足
リストアチェックにおいてエラーが発生した場合、フィールドの修正や、ユーザーの入れ替えなどの処理を行う必要があります。
「リストアチェック」において、エラーが出た場合の対応方法を参照してください。

4.データチェックに問題がなければ、[リストアする]を押します。


5.リストアが完了しました、という表示が出ます。
以上でリストアは完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です