時間指定出力を設定する

プレミアムコース以上で利用可能です

時間指定出力については、時間指定出力とはをご確認ください。

ポイント

・プレミアムコース、無料お試しでは1環境につき1帳票、プロフェッショナルコースでは1環境につき10帳票まで設定することが可能です。

・添付ファイルフィールドに出力ファイルを保存するため、kintoneアプリに添付ファイルフィールドが必要です。


設定方法

1.時間指定出力を設定したい帳票を選択します。


2.「時間指定出力」を選択し、[設定を追加]ボタンを押します。


3.時間指定出力の実行条件を指定します。

①「実行対象のレコード」を選択します。
「すべてのレコード」「条件を選択」「条件をクエリで指定」から選択可能です。

②「実行する間隔」を指定します。
「毎月」「毎週」「毎日」から選択可能です。

③「実行する時間帯」を指定します。
1時間単位で選択可能です。
設定時の時刻より30分以上後の時間帯を設定すると、最初の実行をその日に行います。

補足
実行する条件で「条件を選択」を選択した場合、条件として設定可能なフィールドは、

4.保存方法を選択します。

追加保存の場合、手順3で設定した間隔で出力したファイルが、1つの添付ファイルフィールドに追加されていきます。

入れ替え保存の場合、時間指定出力で帳票が出力されるたびに、添付ファイルフィールドの帳票が置き換わります。



[保存]を押し、設定は完了です。

ポイント

プレミアムコース、無料お試しでは出力する帳票のファイル名は固定となります。
プロフェッショナルコースにアップグレードすると、フィールド名や任意の文字を自由に組み合わせたファイル名に編集できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です