(単票)帳票を作成する

1レコードの情報を1枚の帳票に出力する場合に利用する、最も一般的な帳票です。
見積書、請求書、日報や報告書など様々な用途で利用できます。
アプリ連携機能を利用することで、同じアプリの別レコードの情報や、別アプリのレコード情報を取得して出力することも可能です。

補足
帳票の作成数に制限はありません。あまりに枚数が多い場合、動作が遅くなる可能性があります。

設定方法

1.プリントクリエイターのkintoneアプリの詳細画面から、[帳票設定の登録]ボタンをクリックします。


2.「帳票名」を設定します。

帳票名は、プリントクリエイターの管理画面上、また出力する際にkintoneアプリの出力ボタンに表示される名称になります。


3.「PDFのサイズ」と「PDFの向き」を設定します。

「PDFのサイズ」は、用意したPDFと一致するサイズをプルダウンから選択してください。
「PDFの向き」も、「縦」「横」から選択します。

補足
PDFのサイズは、1mm単位で任意のサイズを指定することもできます。
「PDFのサイズ」から"その他のサイズ"を選択して、横幅と縦幅を設定してください。

4.「PDFファイルの利用方法」を設定します。

出力時に背景PDFのレイアウト(デザイン)も反映させる場合は、"登録したPDFにレイアウトを反映する(推奨)"を選択します。

出力時に背景PDFのレイアウト(デザイン)は反映させずにkintoneフィールドの値のみを出力する場合は、"白紙のPDFにレイアウトを反映する(登録したPDFはレイアウト編集の背景にのみ表示されます)"を選択します。
印刷用紙に、既にレイアウトが反映されている場合などに利用します。


5.背景PDFを設定します。

[+ファイル選択]ボタンから、レイアウトの背景となる背景PDFを登録します。
登録されると、ボタン横にファイル名が表示されます。

帳票に検索タグを設定する場合は、検索タグを設定するをご確認ください。

[登録]ボタンを押します。

注意
PDF形式のファイルのみ登録可能です。
 他のファイル形式の場合は、PDF形式に変更してから登録してください。
背景PDFとして設定できるファイルサイズの上限は10MBです。

6.帳票レイアウトの編集を行います。

レイアウトの編集方法は、基本的な帳票レイアウトの方法をご確認ください。


レイアウトができたら、『kintoneアプリの詳細』に進みます。
※『kintoneアプリの詳細』にて「新しいJavaScriptをkintoneに登録してください。」というオレンジ色の吹き出しが表示されている場合、JavaScriptを入れ替える必要があります。
入れ替え方法については、JavaScriptを設定するをご確認ください。

以上で設定は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です