kMailer自動返信メールを設定する

プレミアムコース以上で利用可能です

kMailerの初期設定が完了していることを前提に、以下ではフォームブリッジでの設定方法をご案内しています。
kMailerの初期設定ができていない場合は、kMailerのはじめ方をご参照の上設定を行ってください。


1.フォームの詳細から『kMailerと連携する』の設定に進みます。

[kMailerと連携する]をクリックします。

注意
連携するkMailerのログインメールアドレスは、本設定を行うフォームブリッジのログインメールアドレスと同一である必要があります。

2.確認のダイアログが表示されます。
フォームで編集中の設定がない場合は、[OK]をクリックします。

フォームの編集をしていて、[保存]ボタンを押していない設定がある場合は、確認のダイアログで[キャンセル]をして、編集中の設定画面で[保存]を行ってください。
その後、kMailerとの連携を行います。


3.「件名」、「メール形式」、「本文」、「宛先アドレス」を設定します。

補足
  • メール形式を"HTML"にすると、kMailerのログアプリで、開封ログを確認することができます。
  • 本文にフィールドの値を引用する場合は、本文下にあるフィールドを選択して本文内に設定してください。
  • 添付ファイルは送信できません。添付ファイルを送信する場合は、kMailerの自動送信機能をご利用ください。
  • 本文は30000文字の制限があります。30000文字を超える文章を入力した場合、エラーが発生します。


4.[追加]をクリックします。


5.[テスト送信]を行うことで、設定した内容をメールで確認することができます。
テスト送信のメールは、フォームブリッジのログインメールアドレスに送信されます。


6.設定に問題なければ、[保存]して、[編集完了して更新]まで行います。

以上で設定は完了です。

補足
『回答後の自動処理』の設定から、kMailer自動返信メールの処理条件を変更することや、kMailer自動返信メールを複数設定することができます。